脳機能学者苫米地英人さんの 名言集 これだけは覚えておこう

苫米地さんが言っていた言葉や書籍の中からこれだけは覚えておきたいことなどを紹介
します。

・超情報場仮説とは
私たちの認識している世界の上の次元に「情報場」があり、
私たちの世界は、その情報場の写像であるという仮説のことです 

私たちが「この世」「この宇宙」と認識している3次元空間(3次元場)は、
実は本来の「場」の低い次元の部分に過ぎないのではないか
情報とは質量さえも含んでいるということになります 

つまり 私たちの目に見ているものは物体でもあり情報でもあるということです
その情報があるから そう見えているだけなのです 

・1億円プレーヤーはネット空間の情報を盲信しません。
あなたがもし、検索エンジンは便利と思いこんでいるのであれば、まさにそれがスコト
ーマです。

検索エンジンは意図的な情報操作を受けるリスクのある情報を信じさせる可能性がある
うえに
決して知識が増えることのないものだということを知ってください。

・自分の価値にごまかしはきかない。
もし自分の価値は一万円しかないと思っているならそれを100万円で売ってもちっと
も嬉しくはありません。

本当は1万円なのにという思いがあるからです。これでは満足できるはずがありません

心の平穏は望めません。

・宗教は妄想であることをしっかりと認識して、同時にその妄想にその妄想に価値を認
めています。
死が怖いとか、死にたいして心の整理がつかないと言って、日々、悶々として生きるよ
りは 死は怖くないんだよという妄想によって 明るく生きたいほうがいいわけで

妄想だとわかったうえでその妄想にあえて乗っかってしまうことは
何の問題もありません。

・1番になるにはすでに自分は1番だけどねと思わなければ1番にはなれません。
これがトップをとるための唯一の方法です。

・不安は楽しいとうれしいと同様に楽しめばいいのです。
げんに皆さんはホラー映画を見たり、ジェットコースターに乗って恐怖や不安を娯楽化
できています。

・視点を変えると人格が変わる 視点を変えるとは
物事に対する感じ方や好みを変えることになります。

・今存在しているのは、理想の自分に向かってしっかりとした選択を積み重ねてきたあ
なただけです。

そうであれば昨日より今日の方が 今日より明日の方がいい人生になるに決まってい
ます。明日のあなたはまだいませんから、今のあなたこそが理想のあなたです。

・過去と現在の間には何の因果関係も存在しない

・アファメーションをするうえで心がけてほしいことは理想の自分になるのではなく
自分はすでに理想の自分になっているとイメージすることです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す