セミナー

苫米地英人氏の新セミナー「売れる自分」のつくり方  ~情報空間×物理空間を支配する方法

「売れる自分」のつくり方 
~情報空間×物理空間を支配する方法

では、なぜ今回のセミナーの内容が情報空間操作術なのか?

多くの人は気づいていないかもしれませんが、現代の競争は物理空間(リアル)よりも情報空間(ネット)で行われています。

高度経済成長期など、かつて有限の物質がビジネス取引の中心であった頃は、物理的が全てであったため、どんなに有益な情報が流れようとも物理に勝ることはありませんでした。

それは情報取得経路自体が信用されていなかったからです。

しかし、現在はFacebookの実名登録など、IT媒体の信用が信用を持ち、情報空間と物理空間の差異はほとんどなくなりました。

もはやサービス業はもちろん、かつての1次産業、2次産業も、それぞれのトップランナーたちは競争の場を情報空間へとすでに移行しています。

そのような状況にかかわらず、多くの人が未だにに物理空間で切磋琢磨しています。

情報空間と物理空間も同じです。

情報空間操作術を知るだけで、
情報空間と物理空間の操作という、
成功するために必ず必要な秘密を知ることができます。

早々に席が埋まる可能性があるので、早急にご確認ください。
http://kentanagakura.com/nagakura/tomabechi-nagakura/

苫米地英人氏の最新セミナー情報 スタニスラフスキー・システムと古武術による超意識へのアクセス~

4月25日(土)・26日(日)『「脳内舞台を設定し直して、自分と他人の人生に介入する」
~スタニスラフスキー・システムと古武術による超意識へのアクセス~』

『トランストーク』をご存知ですか?
自然体で話をしながら相手をトランスに墜とすワザです。

リズムや口調に特徴があり、古来から、
詩や歌にその技法が埋め込まれてきました。

手に入れたいテクニックですよね。

声質を調整したり、話の速度を変えたり、
といった具体的な技法もありますが、
そこから学ぶのは回り道。

そうではなく、
人生そのものを変えるのが最短の習得方法です。

つまりは、
歌うように歩き、踊るように生きればいいのです。

そんな生き方をする人が言葉を発すれば、
全てがトランストークになります。

生のリズムで命が宿った言葉は、
相手の脳内を駆け巡ります。

トランスの話になると、
細かな技法にとらわれがちです。

しかし、大切なのは、術者の意識状態であり、
それを支える術者の生き方。

その本質に迫るのが今回のセミナーです。
▼今回のセミナーがどれほど特別なのかを確認ください。
┗http://mmct.jcity.com/?c=51&e=a2r0Uqa0lLFzKEJyuJP3eQ11

ドクター苫米地の洗脳入門

ドクター苫米地の洗脳入門 

セミナーはこちら 

3月2日 場所は東京です。