本日は、苫米地博士から届いている
メッセージをお伝えいたしますので

いつも以上に、じっくりと読んでいただければ
嬉しく思います。

こんばんは、苫米地英人です。

今回は最先端の情報開示に踏み切ったため、
右脳側言語野という聞き慣れない
概念を主軸に話しています。

単純な言語野は左脳にありますが、
右脳側にも言語野はありますし、
それは退化して使われなくなったのではなく、

現代でも交通事故による損傷など、
特殊なケースでは
ちゃんと使用可能な脳として生きています。

私たちは目に見えないような
抽象空間での構造を作っていく方法論として、
右脳側言語野を含む
右脳側のあらゆる神経回路網を利用しているのです。

ですから、右脳が退化しているのではなく、
進化しているとも言えます。

私は、さらに新しくもう一歩先の未来へと人類が進むために、
今回の方法論を紹介しました。

悪用してはいけないのはもちろん、
利己的な使用ではなく、あなたには地球環境問題なども含めて、

物質的に多くの矛盾を孕んでいるこの世界に対して、
より抽象度の高いところで整合的な回答を出せるリーダーに
なってもらうことを期待しています。

カーネギーメロン大学博士
苫米地英人